拡散希望記事 里親さん募集のハウツー

猫の里親募集を成功させる10のコツ【8.問い合わせ・応募が来る前にしておくこと】

2017/03/31

猫の里親募集のコツ特集(全10回)の第8回目「問い合わせ・応募が来る前にしておくこと」です。知らない人と行き違いなく、双方きもちの良いやりとりをするために、「ご応募者さまノート&飼育日記」ファイルを作成しましょう!記憶頼みで進めていくと、必ず、混乱をきたします。

前の記事「5.里親募集サイトに掲載する写真の撮り方」

猫の里親募集を成功させる10のコツ 目次へ>>

 

【8.問い合わせ・応募が来る前にしておくこと】

里親募集を始めると、いままで全く知らなかった複数の方から、同時期にお問合せやご連絡をいただくようになります。
募集掲載を複数の里親募集サイトやSNSで行っていたり、ポスター掲示や知人への声掛けなども行ったりいたりすると、
「いつ・どこ経由で・だれが・どの猫について・どんな条件で・応募してきてくださったか」
頭の中だけでは整理が不可能になります。

「応募したのに、募集主からの連絡が来ない・遅い」
これは応募者さまの立場からよく聞かれる声の代表的なもののひとつ。
「時間がなくて里親さん候補の応募者さま以外には返信しない(返信している余裕がない)」
これは募集側の言い訳として? 弁解として? よく聞かれる声です。

数十件も応募が入ってしまうような場合もあり、必ずしもすべてに返信すべきとまでは言いにくいのですが、マナーとして、応募いただいた段階で「ご応募ありがとうございます」という返信を、なるべくしましょう。

「一度お断りした方に、あらためて頭を下げてお願いしなければいけなくなる事態」もあり得ます。
お見合い・ご予約に進んでから破談になることもあるからです。
サバトラちゃんはお渡し日時まで決まっていたのに、破談となってしまいました…
里親予定者さまと当方のコミュニケーション不足または相性が原因でした。

 

◆ご応募者さまアンケートを作っておく

猫が幸せになれる環境かどうか知る必要があるため、どうしてもご応募者さまの個人情報に立ち入ったことまで、お聞きしなければならなくなります。なかには善意の応募者を装った里親詐欺も連絡してくる場合があるので、注意が必要です。
「個人情報を根ほり葉ほり聞かれて不愉快だった、不安を感じた、そこまで教えないと猫をもらうことはできないの?」
という声も、応募者さまの立場からよく聞かれる声ですが…

人間のお見合いでも、現在の本人のことだけでなく、ご本人の経歴その他、ご家族のお仕事や病歴までお聞きすることになるかと思います。
大切なわが子の一生を左右すること、子だけでなく親兄弟親戚にまで良かれ悪しかれ影響が及ぶため、双方とも礼儀正しく・かつ慎重に、互いに背景を尋ね合い、明かすでしょう。
可愛い猫でも、譲渡する側の気持ちと責任は、同じだと思います。猫は人とちがって、自分で考えて相手を選ぶことができないので、必ず幸せにしてくれる方を里親さんに選ぶのは、人間の責任です。

「たかが猫のことでおおげさな」
と思う方も少なくはないのですが…そういう方にはそういう方に合ったご縁があると思いますし、
それを否定するわけではありません。

たくさんの方に同じ質問を毎度するのは大変なことです。
そのため、ご応募をいただく前に、応募者さまにご回答をお願いするアンケートを作成しておきましょう。

譲渡条件や譲渡誓約書に記載されている内容を確認するためのアンケートなので、内容は次の項目の「応募者さまデータ」を埋めるものとなります。
また、譲渡誓約書に書かれている内容に誓約していただけるかの確認も、ご応募の段階でしておいたほうが良いです。

参考文例はこちら。
猫の里親募集を成功させる10のコツ【ご応募者様アンケート】

譲渡誓約書(または譲渡契約書)は里親募集サイトによって、多少、内容が異なります。
「必ずこのフォームを利用すること」という規定のサイトと、「サンプルとして提供するのみ」というサイトがあります。可能なら、複数のサイトの譲渡誓約書を見比べ、応募者様と自分の話し合い内容を盛り込んだオリジナルのものを作成しましょう。

 

◆「ご応募者さまノート&猫ノート」ファイルを作成しよう!

準備するもの

すべて100円ショップで揃えることが可能です。

・A4サイズのルーズリーフ
・A4サイズのインデックス用紙(見出しつき)
・A4サイズのリングファイル
・A4サイズのクリアポケット
・ルーズリーフの穴破れを補修する円形テープ
・A4サイズのクリアファイル

必要になる記録と情報は一か所にまとめるのが鉄則。
A4サイズでなくてもいいのでは…と思われる方はB5サイズでも構いませんが、
時間のない中でどんどん追記したり二重線で消して書き直したりすることを考えると、
大きめサイズのほうが良いと私は思います。

 

「ご応募者さまノート&猫ノート」の作り方

募集中は応募者管理のために、譲渡後はその後のフォローのために必要なデータとなります。
長期保管することを想定し、なるべく綺麗にまとめたほうが良いです。

★分類

1.「ご応募者様」

・「ご応募中の方」
・「キャンセル・お断り済みの方」
・譲渡ご予約済みの方
・「トライアル中の方」…トライアル(おためし飼育)をしていただく場合
・「譲渡済みの方」

 

2.「猫」

・「募集中の子」
・「ご予約済みの子」
・「トライアル中の子」
・「譲渡済みの子」
・「子猫たちみんなの体重推移表」
・「飼育日誌」

 

★記入する内容

「ご応募者様」

1.最初に連絡のあった日時
2.どこからのお問合せ・ご応募か(サイト名、紹介者名など)
3.お名前(サイトでのハンドルネーム・本名<お話が進んで教えていただいたら記入>)
4.居住地(お話が進んで教えていただいたら住所を記入)
5.住居形態(自己所有か賃貸か・戸建てか集合住宅か・賃貸や集合住宅の場合は猫飼育可物件か、頭数制限ないか)
6.家族構成(年代と性別も)
7.猫だけでお留守番する場合、何時間くらいか(成人が不在になるのは何時間くらいか)
8.猫の飼育歴(経験がある場合、前の猫がいなくなった理由)
9.先住猫の有無(いる場合、年齢性別・性格〈猫同士仲良くやれそうか〉・不妊ワクチン駆虫済みか・二大感染症検査済みか)
10.この猫にご応募くださった理由
11.お見合いに来られる日時
12.トライアル日時(正式譲渡日時)

 

「猫のデータ」

<1~4は猫1匹ずつ。
5は成長度や健康状態の比較対照のため同時に生まれた子猫はひとつの表にまとめる>

1.名前・毛色・性別
2.健康状態・医療記録(健診、駆虫や治療、ワクチン、不妊手術)
3.性格傾向や特徴、個性など
4.ご応募・トライアル・譲渡履歴
5.みんなの体重推移表
6.飼育日記

 

【8.問い合わせ・応募が来る前にしておくこと まとめ】

・複数の応募者さまの情報に混乱せず、ポイントを整理するため、「ご応募者様アンケート」を作成
・募集中の応募者管理&猫のデータ管理、譲渡後のフォローのために「ご応募者様ノート&猫ノート」を作成
・里親詐欺の実例などを知り、騙されないための心の準備・対策をしておく

 

>>次の記事へ

>>猫の里親募集を成功させる10のコツ 目次へ

 

 

個別相談を希望される方へ

 

個別にアドバイスを希望される方のために、低料金で請け負うサービスを「ココナラ」にて始めました。
基本料金500円+オプション各500円です(税別)

猫の里親募集のコツをアドバイスします 初めて猫の里親募集をする方に、必ず役に立つハウツーを伝授!

-拡散希望記事, 里親さん募集のハウツー
-, , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。