猫の飼育・お世話方法

子猫の飼育方法・参考記事リンク集

「子猫の育て方」テーマで検索した結果、役に立った記事のリンク集(一部引用)です。

 

 

【子猫の世話全般】

子猫の世話について | 知っておきたい子猫のこと
(子猫のしつけや病気など ペット情報満載! | 知っておきたい子猫のこと サイエンス・ダイエット)

 

 

【子猫の初検診・ワクチンについて】

動物病院で初検診 ~子猫の飼い方~

 

個人サイト「キジシロ」子猫のワクチン接種で気をつけたこと、失敗したこと 

ワクチンを接種する時期は、生後2ヶ月~3ヶ月目に1回目を接種し、その1ヶ月後に2回目を接種することで、より確実に免疫を作るのが一般的とのこと。

初乳を十分に飲んでいない子猫は、もっと早い時期になるんだとか。

初乳とは、お母さん猫が出産して、2~3日間ほど出るミルクのこと。免疫力を高める成分が多く含まれていて、生後2ヶ月ぐらいまで病気にかかりにくいそうです。

あとは毎年1回、獣医さんと相談しながらワクチンを接種するか判断することになります。

・ワクチンを接種する前に健康診断をして、子猫の体調を診てもらう。
・接種する時期は、お母さん猫の初乳を飲んでいるかどうかで変わる。
・子猫がワクチンを接種する回数は、2回が一般的。
・子猫の健康状態や体力、飼う環境で、接種するワクチンの種類を獣医さんと相談する。
・その後もワクチンを接種するかは、獣医さんとよく相談する。

 

<接種する前に気をつけたこと>
・外から帰ってきたら、念入りに手を洗う。
・インフルエンザ用など、アルコール消毒を使う。
・猫ちゃんを、玄関に寄せ付けない。
・公園はもちろん、猫がいそうな場所への外出を控える。
・ご飯、お水、おしっこ、ウンチ、行動などからも体調をチェックする。

 

<ワクチンを接種した当日、後にしたこと>
・ワクチンを接種する当日は、栄養価が高くて消化の良いご飯にする。
・子猫のワクチン接種は、午前中にする。
翌日も診察している曜日を選ぶ。
・接種後は、しばらく病院の近くで待機する。

 

【子猫の人工哺乳・離乳食について】

子猫の人工哺乳

子猫に最適な食事(餌、エサ、えさ)とは? | 知っておきたい子猫のこと
(子猫のしつけや病気など ペット情報満載! | 知っておきたい子猫のこと サイエンス・ダイエット)

 

【猫の耳の手入れについて】

※これは母猫の耳が気になったため。

猫の耳掃除のやり方は?これが正解!正しい耳掃除方法 | ねこ好き! ~猫のお悩みQ&A~

猫の耳かきの仕方~必要性から具体的な手順まで、猫の耳のケアを学ぶ

 

-猫の飼育・お世話方法
-, , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。