猫動画

健康トラブルの多い子猫、サバちゃん。ずっと元気で…

生後9か月のオス子猫、サバトラちゃん。2017年2月27日、口角炎と誤食の相談で病院に連れて行きました。病院で聞いた話と、飼い主の心配、決意について。

キャリーでのお出かけ(病院)に慣れてきたサバちゃん

IMG_5394

病院?ヤダー!と押入れに逃げ込むも…

 

IMG_5406

あえなく御用。待合室にて、ふくれています。
泣かず、騒がず、ブルブルガタガタもなくなってきたな…

生後9か月のサバちゃんのお出かけ(すべて病院)は、今回で7回め。
初健診、駆虫&初回ワクチン、転院して健診&二度目ワクチン、生後3か月頃に一度嘔吐が続いた時、去勢、一度だけやむを得ない事情(来客)で病院に一泊お泊り、先週。
キャリーでのお出かけにも、けっこう慣れてきました。

先週、連れて行った時は車の中で
「ぼく、どうなっちゃうの……?」と不安だったらしく、か細い声で泣いていましたが…

もしかしたら、別のキャリーに付き添いのハナちゃんもいたので、甘えてたのかも。
今回はママがいないのであきらめたのか、キャリーでのお出かけに慣れてきたのか、
泣かずにおとなしくしてました。
けっこう待ち時間もあり、途中で吠えるワンちゃんも来たのですが、けっこう落ち着いてました。
診察の時もいい子にしてました!

 

免疫力低下、口角炎と目の上の腫れ。

IMG_5148

獣医師さんの所見

2017年2月19日お昼過ぎ、右の口角炎と右目の上の腫れ。
翌日の2月20日午前、病院へ。

獣医師さん:
「なんらかの理由で免疫力が低下して、体に出たんでしょう。
人間の口内炎なんかと同じ」
「シニア猫なら悪性腫瘍なども心配するところですが、若いので、今のところそれは考えていない。
抗生剤で様子を見ましょう」
「一週間後にもういちど診たい」

口角炎の患部にガラスのプレパラートを当てて組織を顕微鏡で見てくださいました。

前回からちょうど一週間。
口角炎と目の上の腫れ、抗生剤でだんだん良くなっていました。
念のため、と、もう一週間分の抗生剤を処方されました。

たぶん、去勢手術の時と同じものです。
水色の錠剤を半分に割ったもの。
ちなみにサバちゃんは、ちゅーるなどでくるまなくても、ドライフードに混ぜるだけで、
錠剤を食べてしまいます。
最近、ダイエット中でガツガツしてるので、ドライフード入れる前に薬だけでも食べます。
手のかからない子(笑)

 

へたれ飼い主の反省と決意

反省点:

2月に入ってから多忙になり、サバちゃんはじめ3ねこに、あまり構ってあげることができませんでした。
トイレ掃除、ごはん、短時間の遊びくらいしかしてあげられず…
1月までは、猫たちとダラダラ一緒に過ごしている時間が長かったので、急な変化になってしまったのがストレスだったかもしれません。

猫に割く時間の問題だけでなく、気持ちの面でも、いつも上の空で考え事していたような。
猫たちを見ているようで、見てなかったような気もします…

サバちゃんはダイエットを意識してエサをあげているので、いつも「もっと食べたい」「もっと美味しいのがあるのに、どうしてくれないの」と思っているかもしれず…
そのストレスの分、たくさん遊んであげなければいけないのに。

誤食も多い子なので、サバちゃんが好きなオモチャ=カミカミして飲み込んでしまう危険なオモチャとして、片付けてしまったのも…
「どうしてどうしてなの?つまんないよ!」というストレスだったかもしれません…

 

決意:

・忙しい時でも、猫のコンディション最優先!大病されてしまった場合のショック、通院と医療費を思えば、日常で気をつけたほうがずっと良い!

・なにもせずに(モバイルでネットしたりせずに)じっと猫を観察する時間を毎日作る!

・しっかり遊ばせてあげる。そのためのオモチャの工夫、収納場所の工夫をする!

 

IMG_5367

眠さと遊びたさで葛藤して座り寝するサバちゃん…

-猫動画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。