3猫サバハナみぞれ+保護猫ちゃん!My cat Hana... & 6 kittens  

保護猫ハナちゃんと6匹の子猫たちから始まった猫との生活。保護猫の里親募集や猫動画なども。

猫の飼育・お世話方法 猫動画

猫とゴーヤーチャンプルー~猫に危険な食品とは?

人間にとっては無害だったり体に良かったりする食品や食材の中には、猫にとって健康に悪影響を及ぼすものがたくさんあります。「これは大丈夫かな?」と思ったものはその都度調べて、猫にとって安全かどうかチェックしましょう。

【複数の食材・調味料を使ったメニューは要注意!】

ゴーヤーチャンプルーは猫にとって危険だと思いますか?
作り方によって危険度は違います。

 

【猫にNGな食品の代表例】

タマネギ、長ネギ、にんにく、エシャロット、青ネギなど

猫の赤血球に悪影響を及ぼす物質が含まれているため、食べると貧血などの原因になります。症状としては赤っぽい尿、歯茎が白っぽくなる、元気がない(無気力やぐったりした様子)、食欲低下などがあるそうです。どの程度の量で症状が出るかには個体差がありますが、ガーリックパウダーやオニオンスープの素などは有害成分が凝縮されているため要注意とのこと。

チョコレートやカフェインを含む食品

チョコレートやカフェインに含まれる「テオブロミン」という物質は犬や猫にとって命にかかわる危険を招くおそれがあります。症状としては下痢や嘔吐に発熱、不整脈やのどの渇き、筋肉が震えるなどです。
カフェインを含む食品にはコーヒーや紅茶、日本茶、ウーロン茶など中国茶、エナジードリンクなどがあります。

生の卵や肉

サルモネラ中毒や大腸菌中毒を起こすことがあります。食べてしまった後に、嘔吐、下痢、無気力などの症状が現れることがあります。また、サルモネラ菌や大腸菌は人間に感染します。ですから、これらの生の食材を取り扱う時は、猫が近づかないようにし、調理後は正しい方法で手洗いするように心掛けなければなりません。生卵には、皮膚や被毛にトラブルを起こす場合のある酵素が含まれています。

歯や口内、消化器を傷める可能性があります。のどに詰まるリスクもあります。

アルコール

たとえ少量のアルコールでも猫が摂取すると命にかかわるリスクがあります。症状としてはこん睡、呼吸困難やふるえ、下痢や嘔吐、方向感覚がおかしくなるなどです。お酒だけでなく、アルコールを含む食品や体内でアルコールに変化する食品にも注意しましょう。意外なものとしては生のパン生地があります。

ブドウやレーズン

少量でも腎機能障害を引き起こすことがあるとされています。初期の症状では落ち着きがなくなる、嘔吐などがみられます。症状が出るのは食べてから12時間以内に嘔吐、24時間以内に下痢や食欲低下、おしっこが減る、腹痛や気力などがあるそうです。

人間用の牛乳や乳製品

猫は一般的に乳糖を消化しにくいため、下痢などの原因になる場合があります。与えるなら「猫用」と表記された製品を選んだほうが安全です。

 

【猫が栄養失調になるおそれがある食品】

猫用おやつ

キャットフードとして売られている製品には「総合栄養食」と「おやつ」があります。おやつは猫が好む匂いや食感を重視して作られているので猫は喜んで食べたがりますが、おやつだけでは健康維持に必要な栄養をしっかり摂れません。

猫用おやつはコミュニケーションやごほうびとして役に立ちますし、ウェットなものは食欲がないときなどのトッピングや水分補給にも効果を発揮します。また、歯みがきや口臭防止、乳酸菌配合で快便などの健康効果を期待できるおやつや下部尿路に配慮したおやつなどもあります。

ドライフード(カリカリ)にもウェットフードにも総合栄養食とおやつの2種類があるので要注意です。

ドッグフード

犬は猫に比べてタンパク質やビタミンAなどの必要量が少ないだけでなく、アラキドン酸やタウリンを食事として摂取しなくても体内合成できます。ですから、犬用に作られたドッグフードを猫も食べるからといって毎日与えていると必要な栄養素が不足してしまうのです。タウリンの摂取量が足りない猫には心臓疾患や視力低下、歯科トラブルが起きることがあります。

 

参考:猫にとって、危険または有害な食べ物ペット|ヒルズペット

YouTubeチャンネル 登録&ご視聴お願いします!

-猫の飼育・お世話方法, 猫動画
-, , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。