拡散希望記事 日記 殺処分ゼロを目指そう

熊本県動物愛護管理センター 殺処分再開するか?今後、どう動くべき?

2月13日17:00現在、本日の夕方に県庁の担当者と電話で20分強、お話しました。そのレポートです。今後のみなさん各自の行動のご参考になれば幸いです。

とても長いので、最初にポイントだけ書きます。興味ある方はぜんぶ読んでください。
5000字近いですよ…

●明日2/14の殺処分について、はっきりした回答はなし。

でも、私の予想と電話の印象では、明日はしないと思われます。(はずれたらごめんなさい)

●直接交渉はチームにゃわんにまかせる。

担当者さんと電話で話すことも可能ではありますが、あまりみんなで電話しても業務妨害になるだけ。
直接交渉はチームにゃわんが頑張っているでしょうし、おまかせしましょう。

●「知事への直行便」は細く長く続けるべき。

メール、FAXまたは「知事への直行便」フォームからの送信は、長く続けたほうがいいと思います。世間の関心が薄れた時、行政の都合で進められてしまいます。
もう書くことないと思っても、その日の気持ちに従って書けば良いでしょう。同じ内容の提言でもOK、大事なのは「関心を失わないことと、そのアピール」。知事への直行便フォームだと名前だけは入力必須ですが、本名じゃなくても送れるだろうと思います。

●被災動物のための募金は行政とは無関係の団体が行ったもの。

行政にお金は入ってきていないし、受け取れるものでもないそうです。

●ふるさと納税で希望を伝えることが可能。

熊本県へのふるさと納税は項目があらかじめ設定されていないので、備考欄に希望を書くことができます。それを踏まえて審議し、各部署に分配されるそうです。

●チームにゃわんに期待しすぎず・失望もせず見守ろう。

チームにゃわんの対応について先日の日記で苦言を呈しましたが、その後、イメージに反して小さな団体らしいと伝わってきました。
代表の方がブログ更新しているそうなので、人手不足、またはサブリーダーがいないと思われます。
個別の問い合わせや提言に対応が良くないことは、間に合ってないんだ、しかたない…と寛大な気持ちで見守るのが良さそうです。
公開タイミングに微妙な駆け引きを行っている場合もあるので、「すぐ公開しない=不誠実」と思うのは間違い。

●個人それぞれの責任範囲で行動しよう。

チームにゃわんの許可または指令を待って動くの、私はやめようと思います。
個人個人がそれぞれの立場や考えで動くことが大事だし、それこそが真の世論として受け止められる。
組織票なんて形式だけですから…
なんでもチームにゃわんの責任にしようというのは甘えだなと。
自分が責任持てる範囲でやるべきだし、そうでないことは、たとえお願いされてもやるべきじゃない。
「これはしないでほしい」と言われたことはしないほうが邪魔にならないが、いちいち「やってほしい」と言うのを待っていたらダメ。
ズルいように思うかもしれませんが、たぶんそれが、組織にも個人にもいちばん良いスタンスかと。
言われて動くと不満も出ますし、自分の考えで行動するのが最も自由でやりがい感じるでしょう。

以上がまとめ。
以下はなるべく多くのことを、だらだらと書きますので、必要と思う方だけお読みください。

 

PhotoFunia-1486956337

みなさんに「知事への直行便を送ってください」とお願いしていたので、
私も送りました。
「受け付けました」という自動送信が来ました。

投稿日時:2017年2月13日 13時1分
■お名前:(本名)
■お名前(フリガナ):(本名)
■年齢:48歳
■職業:WEBライター(旅行、ペット、美容健康生活関連など)
■電話番号:携帯電話番号
■メールアドレス:メインアドレス
■郵便番号:(入力なし)
■都道府県:千葉県
■市区郡町村:(入力なし)
■町域、番地:(入力なし)
■建物名、階:(入力なし)

■タイトル:愛の日バレンタインデーの殺処分は延期してください。

■あなたのご提言:
熊本県動物愛護管理センターの殺処分再開について。1日延びて良かったですが、殺処分にしないで済む方法は見つかりましたでしょうか? 明日は2月14日のバレンタインデーで、海外では男女間のみならず幅広い「愛を表現し、愛を交換する日」とされています。動物たちにも愛を与え、他都道府県や他国にも愛を求めてください。
自分の猫サイトやYoutube,各SNSでの拡散を行っており、外国向けのアピールも始めております。どうぞ県内での処理に固執されず、外部と提携して、活かす道を見つけてください。よろしくお願いいたします。

■県からの回答:必要

diary_132709_2

それを送る前にいちど電話しており、健康・危機管理課に回してもらいました。
お昼時間で担当者さんは不在、折り返しましょうかと言われたのでお願いしました。
結果的に、16:40まで待ってかかってこなかったので、またこちらから電話。
お昼過ぎに対応してくれた職員さんは、「自分の担当ではないけれど、たくさんの方から関心を持たれていることは承知しています。知事への直行便も上の者に届いています」と言っていました。

夕方に電話した時、もしかしたら電話が殺到していてお話し中になるかな?と思いましたが、数コールでつながりました。
知事室では私の送った内容を確認してもらい、「今日送ったものを今日知事さんが見るわけではないですよね?」と聞きました。
なるべく早く届けるようにはしているけど、当日見られるかどうかは…ということでした。
12日の夜に安心してる場合じゃなかった…もっと早く送るべきでした…
拡散することに必死で、自分が送るのを忘れてました…

健康・危機管理課の、県動物管理センター担当の方は、Yさんという女性でした。
女性らしく優しい気持ちを感じさせる声と話し方の方で、
組織、特に公的機関のなかで職員さん個人の意見を通すのは難しいだろうな…という印象。
苦しい立場におかれて、お気の毒な感じでした。
担当者がYさんだけなのかどうかは、ちょっとあいまいな感じでした。

PhotoFunia-1486954961 - コピー

最初は警戒されたのか事務的な返答でしたが、20分以上もお話しているうちに、本心が透けて見える感じがしました。
途中、涙声…?という感じにもなりましたし、職員個人として話してもよい範囲ならむしろ聞いてほしいんじゃないか、という印象も受けました。
ものすごく、つらいと思います。
矢面に立たされて…嫌でも殺処分のことばかり考えなければならない立場。

ツイッターで回ってきた話に、譲渡に熱心だった若いセンター職員が飲酒で死亡事故を起こした話がありました。
真面目な若者で仕事熱心だったのに、なぜ飲酒運転したのか…という、現場職員の心のケアの必要性を考えさせられる内容。
Yさんも、このままでは、鬱になってしまうかもしれませんね…
耐えられなくなったら、早めに転属か休職、転職できると良いのですが…
そうするとまた、「無責任、担当者が逃げた」ってことになってしまうのかな…難しい。
苦しむのはいつも現場の下っ端。

PhotoFunia-1486955108

Yさんに「明日、再開予定なんですよね?」と聞いたところ、「今度はそういう情報が回ってるんですか?」と聞かれたので、「13日再開予定だったのを1日延期したけど、再開時期が決まったわけではない」のかなと感じました。ややこしいですが決定したのは「1日延期」であって、「その翌日に決行」と=ではないのかなと。

PhotoFunia-1486956337

知事への直行便の返信が待たれます。
トップからのちゃんとした説明が欲しい。そうでないと、わからないまま、空回り。
または、言ってもダメ、職員を苦しめるだけとわかりつつ責め立てて業務を妨害して、
そんなのテロ行為と変わらない…合法の。
でも、個人が声を出さなければ伝わらないし、抑止にならないし、関心が薄れたら行政の都合のいいように処理してしまわれかねない。
やはり、「知事への直行便」をしつこく送るのが無難ではあります。
直接交渉は「チームにゃわん」がしているはずだし。

IMG_20170209_045342

チームにゃわんも、それほど大きな団体でもないみたいです…
日本中に働きかけて人を動かす影響力はあるけど、現場の人数は多くなくて、
ブログは代表者さんがひとりで更新していて手が回らない、ようなことを、
ある筋からお聞きしました。
私もあちこち同時に引き受けて全然まにあってないし。
ましてや全国のボランティアさんと連絡取りつつ回しているなら、個別返信なんかできないだろうなと思いました。
ブログでの情報公開が即時ではないのも、公開すべきタイミングもあるでしょうし…
更新したくても時間なくてできない、ということも実際あるでしょう。
チームにゃわんのブログはFC2ブログで、見た目を綺麗に整えて更新するのはけっこう面倒です…
組織ブログなら、個人の日記ブログみたいな見た目では信頼度を落とすし…

PhotoFunia-1486955074

熊本県庁の健康・危機管理室、動物管理センター担当Yさんとの電話の話に戻ります。

まず、13日殺処分再開前に見聞きした「被災動物のための募金」について。
獣医師会などが募金活動をしたのかもしれないが、それは行政とは無関係にやっていたことで、おそらく収容動物ではなく、飼い主さんのいる動物のために使われたのではないか。

熊本市動物愛護センターには収容に空きがあるし引き受けると申し出があったのに、県はそれを選ばない、とも見聞きしていましたが、
Yさんが言うには、市のセンターにも余裕はないし、引き受けるとも言われていない、
管轄が違うので簡単に回したりはできない、ましてや県外の施設に簡単に回せるものではないのだと。
「手続き」のどこかで停滞するのでしょう。
誰が停滞させているのかはわからないし、Yさんが知っているとしても、それは言えないことのようでした。

PhotoFunia-1486955074

他の県の収容施設は大きくて空きがあったりもするけど、うちは… みたいなニュアンスを感じました。このあたりは、チームにゃわんさんが具体的に知っていることかもしれません。

いつ殺処分再開するかしないか、個別に問い合わせされても困る…
毎日「明日は?明日は?」と個別に連絡されても…と。それはそうでしょうね…
それならどうして、ホームページで告知しないのか?
「明日はしません」ということだけでもわかれば今夜だけでも安心して眠れる人もいるのに、
と言いましたが、
何を告知するかも個人判断の範疇ではないので… とのこと…

伝えるべきことは早めに!と痛感。
お役所は意見が反映されるのが特に時間かかります…
大企業でも営利団体なら、まずいことはトップ判断で全社に指令が即いきわたることもありますが…

決まっていないうちから騒いでもしょうがないですが、冷静な提言や意見として…
毎日、一通づつでも「送り続けること」「提案し続けていくこと」が必要なのかなと思いました。

PhotoFunia-1486956199

収容動物の世話をする職員も足りないそうです。
もともと殺処分施設だったところを、非常時として収容場所にしていたので…と。

熊本県も、殺処分ゼロを目指す宣言まではしていないものの、殺処分しない方向に目を向けてはいる、
しかし避妊去勢しないまま飼っていたり、野良猫にエサだけあげたりする人もまだまだ多く、
殺処分ゼロを目指すのは、なかなかすぐには難しい…そうです。
やはり、住民の動物についての意識改革、教育から始めて、時間をかけて変えていく必要あり
行政だけに求めてもダメなんだなと思いました。

IMG_20170209_045342

チームにゃわんからやれと言われて拡散したわけではない(実際、直接の指令はなにも受けてません)
友達から聞いて調べたらハマってしまった、ということも伝えました。
個人が個人の考えで動くことは止められないし、
組織としては大っぴらに「何をやれ」と言えるほど全ての責任をかぶれるはずないので、
これからはチームにゃわんの指示待ちでなく、あくまで個人として行動することを考えます。
なにかあってもチームにゃわんのせいにはできない、と。
組織は組織を守るようにできています。
個人は組織に属していても、組織に守ってもらえるものとは思わないほうがいいです。
「自分の判断で、自分が引き受けられる範囲まで」と決めて、自由に動けばいい。
組織的な訴えよりも、個人個人の声のほうが重い。
建前がなく、本音だから。

 

-拡散希望記事, 日記, 殺処分ゼロを目指そう
-, , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。